【お知らせ】PayPay加盟店になりました

ひよわレコーズは、2023/8/1よりPayPay加盟店となりました。

今後の各イベントで使用可能です。ブースにお立ち寄りの際はどうぞご利用ください。
(会場の電波状況によりご利用いただけない場合があります)

導入までの話

同人サークルのPayPay単体導入は意外と前例がないので、加盟店審査について書き残しておこうと思います。

必要なもの

  • サークル名(以下、「屋号」)
  • 屋号が写っているサークルブースの写真
  • 次のイベント日と場所

PayPay審査: 申告は正しく正直に

まずは普通に導入ページに行ってください。

審査では、「屋号」としてサークル名を記入します。開業届は特に必要ないようです。

我々同人サークルは固定店舗はありませんが、対面決済なので、決済形態は「実店舗決済」を、店舗形態は「移動店舗」を選びます。

開店・未開店の別では「未開店」を選び、開店日には次のイベントの日程と場所を入力します。

イベント出展の拠点は自宅なので、店舗の場所は自宅にします。
店舗の場所をマップに反映するタイミングを選ぶところがありますが、実はマップ公開は任意となっています。公開設定をしなければ公開されません。

PayPayでは、自店がどのような店なのかを文章で書くところがあります。正直に記入しましょう。ひよわレコーズならこうなります。

「ひよわレコーズは同人音楽サークルです。年に5回程度、即売会会場で自主制作したCDを販売しています。」

文章に加え、店舗写真が必要です。毎度ブース設営している方なら、ブースの写真を撮って「設営しました!!」とSNSに上げたりしていると思いますが、ここで1点注意。
審査では、冒頭で記入した「屋号」で営業している実態があるかどうかが重視されるので、ブースの写真にはサークル名がしっかり写り込んでいる必要があります。意外とサークル名まで写っている写真ってないんですよね。

ちなみに、ひよわレコーズならこんな感じです。

特に問題なければ審査は通るはずです。
なお、今回はLINE Payあり、Alipayなしで申し込みしました。

PayPay審査: 無事通過

特に追加のお尋ねはありませんでした。

審査をパスすると、 【PayPay】ご利用開始のお知らせ (加盟店ID: XXXX) というメールが送られてきます。設定を済ませてスタートキットの到着を待ちましょう。

1週間ぐらいで、個人商店の店頭によくあるあの札が送られてきました。

スタートキットには、写真の札と、自店用のQRコードシールが入っていますので、札にシールを貼って完成です。簡単でよいですね。

どうぞご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください