ノジマオンラインの長期保証を利用してキヤノンのプリンタを修理に出した話

Canon iP8730が壊れました。あれ、デジャヴ…

「クロネコ延長保証」を利用してキヤノンのプリンタを修理に出した話

同人CDを作っていると、一晩に300枚ぐらい印刷することがあります。

プリンタは、一定量のインクを吐出するとヘッドクリーニングを行い、クリーニングの機構(パージユニット)を通して本体底面のスポンジに余分なインクを捨てて印字品質を回復させます。
しかし、過度な連続使用をすると、パージユニットがインクを吸い込みきれずに溢れ、そのまま乾いて固まってしまいます。

一度こうなってしまうと、いくらクリーニングを実行しても印字を回復させることができなくなってしまいます。悲しいことに、私のiP8730はなってしまいました(なお2度目です)。

1度目は保証期間内だったので保証内修理を行いましたが、今回はノジマオンラインでプリンタ購入時に加入した長期保証を使って修理に出しました。

顛末

  1. ノジマのお問い合わせフォームからメール
    マイページの「延長保証の修理はこちら」を押すと、出張か店舗持ち込みの選択肢しかなかったので、お問い合わせフォームから保証を使って修理したい旨を連絡しました。
    営業時間内だったので、数分でメールが返ってきました。さすが大手の家電量販店、レスポンスの早さは信頼できます。
    メールに従って情報を送りましょう。
  2. 佐川急便の送り状が佐川急便で届く
    手元のプリンタをノジマに送るための着払い伝票が佐川急便で届きます。自宅にいないと受け取れないので、ここはポスト投函にして欲しいですね。
  3. 自分で梱包して集荷依頼
    適当な箱を用意して梱包し、送り状を貼ります。佐川急便の営業所に電話するか、Webから集荷依頼をしましょう。
  4. 待つ
    プリンタは一度ノジマに送られてからキヤノンに送られます。修理後も、一度ノジマに送られてから手元に戻って来ます。そのため、2週間ほどかかります。
  5. 出荷メールが届く
    ノジマオンラインで商品を購入するときと同じ様式のメールが届きます。佐川急便の伝票番号もついているので、受け取り日の指定などもできてありがたいですね。

私の場合は、2020/03/29に集荷、2020/04/11に戻って来ました。ぴったり2週間です。

クロネコ延長保証との違い

クロネコ延長保証よりもメールのレスポンスが早く、戻ってくるまでの時間も短いのでストレスが少ないです。

ノジマの延長保証の注意点としては、年数が経過すると保証上限が目減りすることです。ただし、上限を超えた場合は、ノジマのポイントで返金してくれるようです。クロネコ延長保証は、保険会社が同等品を見繕って送ってきますが、ノジマはそのポイントを使って自分で好きなものを買うことができます。場合によってはこちらの方がありがたいですね。

詳しくは、クロネコ延長保証の記事でまとめているのでご覧ください。

さて、このプリンタはあと何回壊れるんだろうか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください